ふるさと青汁 妊婦

ふるさと青汁は妊婦も飲んでいい?

結論から申しますと、ふるさと青汁は妊婦も飲んで良い飲み物です。

 

妊娠すると、体が急激に変化し、体に様々なトラブルが起こりやすくなります。
多くの妊婦が経験するつわりや、貧血、
ホルモンのバランスの変化によって起こる便秘、妊娠後期になると、体のむくみに悩む人も多くなります。

 

貧血や便秘は薬によって対処することができるものですが、妊娠中は、胎児への影響を考え、服用できる薬が限られていますネ。

 

市販薬では妊娠中、授乳中に飲めない薬が多いですし、
妊娠中でもOKと医師から処方された薬でさえも、なんとなく不安で飲むのをためらってしまうという人も多いでしょう。

 

体調不良が起こりやすくなる妊娠中、気軽に薬が飲めないのはとても辛いもので、ストレスもたまりますね。

 

そこで、これらの妊娠中のトラブルの予防や解消のために、ふるさと青汁を愛飲している妊婦さんが多いそうです。
ふるさと青汁は、八丈明日葉を主として、大麦若葉など、健康に効果的な国産原料のみを使った青汁です。

 

薬のような副作用があるものではないので、胎児への影響を心配せず飲むことができます。
豊富な栄養を含んでいる、ふるさと青汁には、ビタミンAも入っており、
ビタミンAの過剰摂取による胎児への影響が心配だという人も、中にはいるかもしれません。

 

ですが、ふるさと青汁を飲むことによって、過剰摂取となるほどのビタミンAを摂ることにはなりませんし、
そのほか様々な栄養とともにバランスよく配合されているものなので、心配ありません。

 

ふるさと青汁を愛飲している妊婦さんは、様々なトラブルへの効果を実感していると言います。

つわり中の栄養補給に

まず、妊娠初期に悩まされるつわり。
つわりの重さには個人差がありますが、中には全く食事がとれなくなる人もいるほど、辛く大変なものです。
もしも水分すらとれない状態になると、入院して点滴による治療が必要になります。

 

そのような栄養失調状態になってしまう前に、摂れる形でいいので栄養を補う必要があります。
固形物はなかなか食べる気がしないという人は、ジュースやスープなど、液体で栄養を補給することになります。
そんな場合は、ふるさと青汁を飲むといいですね。

 

ふるさと青汁にはビタミン郡やミネラル、タンパク質に食物繊維や鉄分、
それに妊娠中には欠かせない栄養である葉酸も豊富に含まれているので、つわり中の栄養補給にぴったりです。

 

ふるさと青汁の主原料の明日葉は、ほかの青汁の主原料のケールなどに比べてクセがないと人気で、
甘くない抹茶風味の飲みやすい青汁なので、つわりで匂いに敏感になっている人でも飲みやすいのが嬉しいところです。

 

妊娠中は、貧血にも悩まされることが多くなります。
へその緒を通じて胎児に栄養を送っているので、妊婦さんはどうしても栄養が不足してしまいます。
ただ、それを補うために食事をとりすぎても体重増加の原因になり、妊娠中毒症などのリスクが上がります。

体重管理に役立ちます

体重の増えすぎは難産の原因になるという説もあり、最近の妊婦の体重管理に厳しい産科が多いです。
貧血になると鉄剤を処方されることがありますが、
医師から処方される鉄剤には便秘や気分が悪くなるといった副作用があり、処方されても飲みたくないと思う人も多いようです。

 

栄養分はしっかり補えて、カロリーは低い、そして副作用の心配がない栄養源があると嬉しいですね。
ふるさと青汁のカロリーは、1本わずか11キロカロリー。
カロリーは気にせず、貧血防止に必要な鉄分などの栄養はきちんと補給することができます。
天然成分から作られているので、処方される鉄剤のような副作用もありません。

 

妊娠するとホルモンのバランスがゆらぎ、その影響で便秘になることがあります。
市販の便秘薬も妊婦は使えないものが多く、薬の力で無理に便を出そうとすると、子宮の収縮を促してしまうこともあり、
流産、早産の原因となることがあります。自然な形で便が出るのがベストです。

 

ふるさと青汁には、食物繊維が豊富に含まれています。
ふるさと青汁の原料の明日葉に含まれる食物繊維は、水溶性と不溶性のふたつ。

 

水溶性食物繊維は便に水分を含ませて柔らかく、排出しやすい便にし、不溶性食物繊維は便の量を増し、排出しやすくします。
腸内環境を正常に保ち、便が出やすい状態に自然に導いてくれるのです。

妊婦さんのむくみにも効く

また、妊娠中、特に後期になって出てくる悩みが、むくみです。
これまで、むくみをあまり感じたことがなかったという人でも、妊娠後期になって顔や手足が驚くくらいむくみ始めたということが多いです。

 

見た目にも改善したいむくみですが、ひどくなると手足がだるく、ずっと疲れたような不快感があり、多くの妊婦さんを悩ませています。
マッサージなどで解消されにくいのも、妊娠中のむくみの特徴です。

 

妊娠後期には、赤ちゃんにより多くの栄養を送るために、血液をはじめとする、体内の水分が増えます。

 

むくみは、細胞の中を満たしている組織液や、血液中の血漿(けっしょう)という水分が皮下に漏れ出し、
皮下の老廃物の部分で留まって、腫れたような状態になる現象です。
妊娠後期になって血液量が増えると、血管から水分が漏れやすくなり、むくみが生じるのです。

 

できるだけ、妊娠中のむくみを解消するには、適度な運動をして血液の循環を促したり、
余分な水分をしっかり尿として排出できるよう、カリウムを積極的に摂るなどの手段があります。
老廃物が溜まらないように、リンパのマッサージをするのもいいでしょう。

 

もっと簡単にむくみ対策をしたいなら、ふるさと青汁を飲む習慣を作るといいでしょう。
ふるさと青汁の原料である明日葉に含まれる「カルコン」には、血行促進効果や血管を拡張させる効果があるため、
血液の循環を促して、滞りを防ぎます。

 

さらに、老廃物を溜まりにくい体を作る効果もあるので、むくみ対策にはうってつけなのです。
さらにふるさと青汁には、利尿効果を高める栄養、カリウムも含まれています。
副作用の心配をせずに、むくみの対策ができるのです。
むくみに悩んでいる妊婦さんは、毎日の食生活に取り入れるといいですね。

 

このように、ふるさと青汁は、妊婦の悩みを解消してくれる青汁なのです。
さらに、産後にもふるさと青汁を飲み続けることで、出産後の体にもいいことがあります。
もちろん、授乳中でも安心して飲むことができます。

 

ふるさと青汁の原料、明日葉には、母乳の出をよくする作用があるのです。
明日葉の原産地では昔から産後のお母さんに明日葉を食べさせる習慣がありましたし、乳牛に明日葉を与えると、
お乳がよく出るようになったという話もあります。

 

母乳の元となっているのは、血液です。そのため、血行不良は母乳の出を悪くします。
明日葉には血行促進作用があるため、母乳もよく出るようになります。さらに、ふるさと青汁は栄養分も豊富なので、
バランスのとれた栄養たっぷりの母乳を赤ちゃんに飲ませることもできます。

 

産後のダイエットにも、ふるさと青汁が強い味方になってくれます。
明日葉に含まれるカルコンは、老廃物を排出する力があるほか、脂肪の燃焼を助ける働きがあることも最近の研究でわかってきました。

 

妊娠中だけではなく、産後の体のためにも、ふるさと青汁が味方になってくれそうですね。