足のむくみをとる方法

足のむくみをとる方法カンタン編

足のむくみをとる方法についてTV番組で紹介されていたカンタンな方法を2つ。

 

イスに座ったまま、貧乏ゆすりを10秒やるだけです。

 

これを1日に3セット

 

自宅での食事タイムやトイレタイムで行えば、人目も気になりませんね。

 

女性は男性に比べて体全体の筋力が弱いので、血液を押し出すふくらはぎの筋肉(ポンプ)も弱いため
男性よりもむくみやすいのだそうです。

 

むくみは血液中にある水分が、血行が悪くなることで、血液の外に出てしまう水分のことだそうで
ゆすることで、ふくらはぎの筋肉を使い、血行を良くするねらいのようです。

 

こういった水分と老廃物などが癒着し塊りとなってセルライトが作られていくので
セルライト予防対策の一つになりそうですね。

 

すでにできてしまっているセルライトには、やはり明日葉成分のカルコンの力を借りるのが一番早そうです。
少しでも早く結果を出したい人は対策を併用するのが◎ではないかと思います。

 

もう1つは、両手の手のひらを日光に10分あてること

 

紫外線が気になるのは私だけ?でしょうか(苦笑)

 

ちなみに私はシミを作りたくないので、直射日光にできるだけ当たらないように生活していますが、
足のむくみがカンタンにとれた方法は、ふるさと青汁でした。

 

日光に手のひらを当てるとビタミンDが作られ、心臓や血管などの機能向上がねらいのようです。
血圧も下がるようです。

 

日中は、びっちり仕事などで日光浴に10分の時間を当てられない人は
食材で摂取したり、運動で筋力アップしたりなど、違う方面での対策をとってみてはいかがでしょうか。